FC2ブログ

デアリング:ハッチの構想

dg13-01.jpg
まずは接着剤がよく効くようにプラ部品を洗浄脱脂しておきました。



プラモデルをRC化する場合、動力以外でネックになるのは「メンテナンスハッチをいかに広く取り」、「いかに防水処理を施すか」だと思います。

dg13-02.jpg
さしずめ艦橋の付いたブロックを蓋に使い、それに隠される甲板にできるだけ大きな開口部を設けることが理想だと思います。

dg13-03.jpg
また、甲板より上の部分は1gでも軽く仕上げなければなりません。

dg13-04.jpg
可能な限り1ピースで甲板上の構造物を全てメンテナンスハッチの蓋として扱いたいのです。

dg13-05.jpg
しかし、格納庫には大きな開口部があります。

実船の格納庫にシャッターのような扉があるなら、格納庫を扉閉の状態で作ることで防水性を高められるのですが・・・

格納庫の扉について情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひご教授ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
プロフィール

@模細工

Author:@模細工
余暇に模型(ラジコン)を作って「町工場ごっこ」を楽しんでいる只のオジサンです。模型の販売や製作代行を行う業者ではありません。

一般的にモザイクと言えば「ガラスやタイルを使った壁画」や「放送コードに引っ掛かる部分の四角いボカシ」の事を指しますが、僕のHNは模型の「模」に小細工の「細工」を足して「模細工」です。友人が考えてくれました。(^^)

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR